国内話題

新型肺炎症状をチェックしてみよう!あなたの感染している確率は?

スポンサーリンク

新型肺炎には色々な症状があり、あとから新たな新型肺炎の症状が明らかになることもあります。まさに阪神の藤浪選手などの「匂いを感じない」と言った症状はこれまでにない新しい新型肺炎の症状として上げられます。

今日はこれまでの新型肺炎の症状を列挙していきあなたの健康状態と照らし合わせてみてください。

専門家ではないので感染している可能性などは統計的なものになりますが不安にならネットなどで診療可能な病院をさがして予約してみてください。

新型肺炎症状をチェックしてみよう!あなたの感染している確率は?

それではあなたが新型肺炎ではないか簡単な健康診断をしてしましょう。

潜伏期間は5日から14日とされていますが、潜伏期間はそれ以上長いこともあります。WHOが発表した潜伏期間がきっちり正しい期間というわけではありませんので注意です!

初期症状は風と似ています。では初期の新型肺炎の症状をみていきましょう。

以下の症状が1週間程度でていませんか?

咳が出てませんか?

体が怠かったり重かったりしていませんか?

発熱がありませんか?

鼻水などがでていませんか?

鼻が詰まっていませんか?

たんがでていませんか?

新たに匂いがしないと言った症状があります。

味覚や臭覚の違和感も新しい症状のようです。

やく80%の人は初期症状の段階で治癒していくそうですが運悪く悪化してしまうと下記のような症状がでてきます。

以下の症状が2週間目にこの症状でていませんか?

前述した症状が治っていませんか?

呼吸困難がありませんか?

熱が上がってきてませんか?

この段階になると入院が必要となってきます。

入院するのが全体の23割程度の方です。

新型肺炎は1週間以上風邪の症状がつづき悪化していきます。

引用:Yahoo

 

風邪の症状が数日続き、呼吸困難になれば非常に危険な状態だということですね。風邪と新型肺炎の違いは症状が続く長さにあるとういことなので、あれ?治りにくいなと思えば新型肺炎を疑った方がよいです。

新型肺炎症状をチェック!インフルエンザとの違いとは?

新型肺炎の症状は非常に風邪とにていますがとくにインフルエンザと間違える方がおおいようです。

特徴的なインフルエンザと新型肺炎の違いは症状が続く長さ」だということです。
新型肺炎のほうが発熱や怠さ、咳などの症状が長く続きます。

治療をすればインフルエンザは比較的早く症状がおさまるようです。個人差があるようですが4、5日程度で治る方がおおいということです。

インフルエンザは比較的急に発症し、喉の痛み、高熱、異常な倦怠感などの症状がでますのでくれぐれもその症状が続く長さに注目していただきたいと思います。

新型肺炎症状をチェック!まとめ

症状自体は非常に風邪やインフルエンザと似ているので、間違いやすいですがこれだけ新型肺炎についてのニュースが流れています。

新型肺炎と風邪のなにがちがうのかしっかりと知っておく必要があるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です