国内話題

アメリカからの入国制限はいつまで?日本を入国制限にしている国は?

スポンサーリンク

とうとう日本がアメリカからの入国を制限することになりました。

芸能人でもアメリカを行き来している人が多く、これはかなりの影響がでそうですよね。いったいつまで入国制限をするのでしょうか?

アメリカからの日本への入国制限はいつまで?

政府は今週から4月末までとしていますが収束の目処はたっていないのでこれもまた延期になる可能性は高いですね。

ただし、アメリカから入国する人全員が日本へはいれないというわけではありません。

その名の通り、「入国制限」ですので一部、入国できる人はいるわけですね。

どんな人が入国できるかというと『日本国民の生活に重要な役割を果たしている方』対象外になるとのことです。

日本は感染拡大が防げていますがアメリカは現在感染拡大が広まりこの先が見えない国民の不安も高まりつつありますね。

日本政府は4月末までとしていますが12月から発生した新型肺炎は収束の予測をたびたび専門家が説いてきました全然あたっていませんでした。

もはや、収束予想はかなり難しいと言えます。

アメリカからの日本への入国制限の影響とは?

すでに、ヨーロッパからの入国制限を設けていますがいったいどのくらいの国を現在入国制限されているんでしょうか?

21日からの日本への入国制限を38か国が追加されたということです。

日本への旅行者も例年の50パーセント以上減少しているそうです。

かなりの減少ですが、一部、外国人がいなくて観光地がきれいになった!ゴミが減った!大声で話す中国人がいなくて快適だとよろこんでいる人もいるようです。

観光地の店やホテルはかなりの大打撃だそうですが日本政府が金融緩和などの処置でなんとか企業の破綻を食い止めようと必死ですよね。

現在するで破綻してしまった企業もあるようですがこれからが安倍政権がどんな政策をとっていくのか注視したいところです。

日本を入国制限にしている国は?

3月17日の時点で日本を入国制限対象にしている国は以下のとおりです。

アゼルバイジャン。
アルゼンチン。
アンティグア・バーブーダ。
イスラエル。
イラク。
インド。
ウクライナ。
ウズベキスタン。
エクアドル。
エジプト。
エストニア。
エルサルバドル。
オマーン。
ガーナ。
ジブチ。
イギリス領ジブラルタル。
ジョージア。
シリア。
スーダン。

カタール。
カナダ。
韓国。
北マケドニア。
キプロス。
キリバス。
グアテマラ。
クウェート。
クック諸島。
ケニア。
コソボ。
コモロ。
コロンビア。
サウジアラビア。
サモア。
モロッコ。
モンゴル。
ヨルダン。
ラトビア。
リトアニア。
リビア。
レバノン。
ロシア。
カザフスタン。

スリランカ。
スロバキア。
赤道ギニア。
セルビア。
ソロモン諸島。
チェコ。
中国。
ツバル。
デンマーク。
トリニダード・トバゴ。
トルクメニスタン。
ニウエ。
ネパール。
ノルウェー。
バーレーン。
パナマ。
バヌアツ。
パプアニューギニア。
パラグアイ。
バングラデシュ。
ブータン。
フランス領ポリネシア。
ベリーズ。
ペルー。
ポーランド。
ボスニア・ヘルツェゴビナ。
ホンジュラス。
マーシャル諸島。
マレーシア。
ミクロネシア。
南スーダン。
モルドバ。

アメリカからの入国制限はいつまで?ネットの声

東南アジアが抜けているではないか。
東南アジアからの帰国者が散見されているという事は、相当蔓延していないと感染しないはず。本当はもう全面的に禁止した方が良い時期だよ。

 

ついに米国も対象に。入国者数は中国、韓国、台湾についで4番目に多い。他国と異なり、発行済査証を無効にしなかった理由は何なのか。上記3カ国と比較して、観光よりややビジネス目的が多いからか。検疫所長の指定する場所とは、どこまで自由行動を制限、或いは監視できるのか。いずれにしても、米国と聞くとインパクトがある。

 

アメリカだけでなく、東南アジア諸国も対象すべきだと思います。
今までの新型コロナウィルスの概念を覆すので、念には念を重ねて対策すべきだと思います。安倍首相と日本政府は、厚生労働省の対策チームと連携して、迅速化した対策をすべきだと思います。

 

オリンピックの延期を早々に決定して、シンガポールのように、日本も全外国人の入国を禁止しないとまずい気がする。政府は感染爆発が起こる前に思い切った行動をする勇気をお願いします。非難する人はでてきますが、その決断ができるのは日本政府しか出来ないのです。

アメリカからの入国制限はいつまで?まとめ

東南アジアからの入国制限が少なく、ネットでは東南アジアも入国制限をしてほしいといった声が多く聞かれます。

ヨーロッパの入国制限国はかなり多いのですがなぜか東南アジアは少ないですね。

これからさらに入国制限をしていくことでしょうが、アメリカは日本への影響がかなり大きくなりそうですね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。