スポーツ

東京オリンピック中止の可能性は?延期という選択肢も!一体どうなる東京オリンピック!

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

連日、テレビのワイドショー、情報番組、ニュース番組だけでなくネットニュースなどでも新型コ▲ナの脅威が沢山報道されています!!

最近ではもうコ▲ナのニュースにはうんざりだ!との声もあがっていて国民のストレスが限界まできているようです。

そんな中、唯一楽しみといえば、7月から開催される

東京オリンピック!!!

2月の2020東京オリンピック・パラリンピック中止!の報道はなぜかすぐに消えましたね。

しかし、ここに来て、新型コ▲ナの消息のめどが全く絶たないために、延期、中止の報道が再燃してきましたよね!

東京オリンピックは今の段階では本当にどうなるかわかりません。

なので今日はオリンピック開催の可能性に注目していきたいと思います!

 

東京オリンピック中止の可能性

2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事は、『ストリートジャーナル』のインタビューで「経済的な影響により中止や無観客試合は不可能。」とする一方、延期の可能性は否定しませんでしたね。

1年未満の延期については、米国の野球やアメフト、欧州のサッカーなど、主要プロスポーツの日程と重なる可能性が高いとの見方を示しました。

オリンピックの競技の決勝の時間などに疑問を呈する人達が以前からいますが、その度にテレビで、スポーツに詳しい専門家などから、アメリカのテレビ局が持つ莫大な放映権の関係だと言われてきました。

そこで調べてみると、アメリカケーブルテレビ(CATV)大手コムキャスト傘下のNBCユニバーサルは、東京オリンピックのアメリカでの放映権に11億ドル(約1100億円)を支払っているそうです!!

国際オリンピック委員会(IOC)の決算報告書によると、IOCは収入の約73%を放映権の販売で得ています。

「今回の東京オリンピックは、中止できない。必要に応じて延期を検討する。」

と理事は語ったそうです。

ということで、2020東京オリンピック・パラリンピックは日程通りの今年の夏に開催され

るかは危ぶまれていますが、中止にはならない可能性が高いのではないかと思っています。

今までのオリンピックの中止についてみてみる!

今までのオリンピックの中止について調べてみると、今までのオリンピックは、夏季冬季合わせて5回中止になっています。

詳細を見ていくと、1916年 ベルリンオリンピック(夏季)第一次世界大戦が原因。

1940年 東京オリンピック(夏季)日中戦争が原因。

1940年 札幌オリンピック(冬季)上記と同じ日中戦争が原因。

1944年 ロンドンオリンピック(夏季)第二次世界大戦が原因。

1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック(冬季)上記同じ第二次世界大戦が原因。

こうして見ていくと全て戦争が原因でオリンピックが中止になっているのがわかります。

確かに戦争中なんて敵国の人と呑気にスポーツなんかやる気にもなりませんしね!

東京オリンピックについてICOはどうかんがえているのか?

IOC(国際オリンピック委員会)の東京オリンピックの責任者を務めるコーツ委員長が2月にこう発言しています。

「日本の公衆衛生当局を信頼しており、適切に対処している。東京オリンピックは予定通り。中止や延期は必要ない。」

そして「IOCはWHO(世界保健機関)から東京オリンピックの延期や中止に備えた検討の必要はないと報告を受けている。」とも語りました。

しかしこれを受けて、WHOのテドロス事務局長は「開催の是非を決めるのはホスト国と主催団体だ。」と返しました。

3月にもスイスで理事会を開いていたIOCは、緊急声明で「東京大会の成功に全力を尽くす」として、予定通り開催する方針を強調しました。

バッハ会長も「全ての選手たちは、大いなる自信を持って、全力で大会に向けた準備を継続してほしい」と発言しました。

東京オリンピックが延期なら1年後?

東京オリンピック中止の可能性の項目でも記してきましたが、東京オリンピックは延期の可能性が高くなってきたのではないかと思います。

ネットの延期の記事に対するコメントなどでも、延期した方がいいという意見がとても多かったです。

2020東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会の理事は

「もし今夏のオリンピック開催が難しくなれば、開催を1、2年延期することがもっとも

現実的な選択肢だ。」

と語りました。

そして、五輪中止、あるいは観客無しでの開催による経済的損失はあまりに大きいと述べました。

一方、1年未満の延期については、米国の野球やアメフト、欧州のサッカーなど、主要プロスポーツの日程と重なる可能性が高いとの見方を示しました。

しかし、オリンピックの運営については、国際オリンピック委員会(IOC)がすべて最終決定権を持っています。

実はオリンピック中止が漫画「AKIRA」で予言されていたなんて!

『AKIRA』という1982年から1990年まで『週刊ヤングマガジン』に掲載された38年前に発売されたマンガの設定が2020年に東京オリンピックが開催されるとなっているのです!!

かなり人気の漫画だったので覚えている方もいるかと思います。

オリンピック開催予想だけならまだしも、なんと、、

そのストーリーの内容が東京オリンピックが開催される5ヶ月ほど前から中止にしろ!というデモが起き、後にアキラと鉄雄が国立競技場を爆破して東京オリンピックが中止になる

という内容なのです。

SNSでは、その『AKIRA』がオリンピックの中止を予言していたという投稿が目立ち話題になっていました。

すごいですよね!ノストラダムスもびっくりの的中になりそうです!!

東京オリンピック中止の可能性は?まとめ

というわけで、新型コ▲ナの脅威が一向に収まらず、2020東京オリンピック・パラリンピックの開催が中止になるのではと心配している人もたくさんいると思います。

それと同時に、ネットのコメントを見ると中止にした方がいいという意見の人がとても多い事も知ることが出来ました。

今回、オリンピック組織委員会やIOCの発言を調べてみると延期は考えているけど、中止にはしない。出来ない。というのが私が感じた結果です。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です