国内話題

北九州DARC(ダルク)って?場所はどこ?依存症からの更生を支援してくれる施設とは!

スポンサーリンク

テレビでは定期的に芸能人が薬物で逮捕されているニュースが流れます。しかも、再逮捕や、長年の使用などで依存している方がほとんどですよね。

今日はそんな依存症から更生を支援しくてれるダルクというNPO法人をご紹介したいと思います。

北九州DARC(ダルク)って?場所はどこ?

NPO法人ダルクは九州の福岡にあります。福岡でも端の方にある北九州という場所です。

意外にも東京ではなく福岡だったんですね。住所と連絡先は以下のとおりです。

住所:
802-0064
福岡県北九州市小倉北区片野4-13-30 片野タカケンビル1F

電話番号:093−923−9240

営業時間は月曜〜金曜・10時〜16時、土曜・10時〜12時となっています。

 事業目的
地域で生活する薬物依存症で苦しむ人に対し、居場所の提供、回復プログラムの提供、日常生活の支援、日常的な相談や地域交流活動などを行うことにより、薬物依存症からの社会復帰と自立を図ることを目的としています。ダルクのスタッフは、ダルクプログラムによって回復した薬物依存症者本人を中心として構成されており、3名のスタッフが居ます。

依存症更生に特化した施設と言えそうですね。

支援内容としていは、金銭管理から健康管理、社会復帰支援まで隅々まで依存症からぬけだせるように管理してくれます。

北九州ダルクが提供している依存症の方が生活する施設の詳細はこちらです。

建物名:北九州ダルクリカバリーハウス(グループホーム) 定員4名

定員が4名とかなり少人数ですが、2度と薬に手を出さないようにちゃんと個人個人をしっかりと管理できます。

施設利用料

施設を利用するのにはもちろん最低限の利用費が必要です。家賃は29,000円とかなり安く抑えられています。

水光熱費10,000円、日用品費6,000円、設備維持管理費5,000円

となっています。

家族を施設にいれても月に5万ちょっとと負担はかなり低いですよね。

北九州DARC(ダルク)って?どんな人たちが運営しているの?

もともと依存症だった方が運営しているということです。

経験者だからこそ理解できる部分や更生に何が必要なのかわかっているのでしょうね。

こちらが運営者のコメントとなっていますがなんだか生生しいですよね。

施設長
堀井宏和

利用するしないは別にしてぜひ一度どんな所か遊びに来てみて下さい。
ドラッグアディクトの人達はこわい人達ではありません(笑)。
お気軽にお越しください。


スッタフ
村田典子(ノリ)

シラフはつまらないと思っていました・・・が、シラフは意外と楽しいです♪
女性の相談お待ちしてます♥

樋口克也(カツ)
大分の山と海に囲まれた田舎町出身です。
ダルクに来て回復・成長することが出来ました。私が変われたのだから変われない人はいないと信じています。一緒にやっていきませんか?

依存症は病気と一緒です。

ちゃんとした治療が必要ということになります。

完治は難しい病気となりますが、2度と手を出さないようにすることはできます。

薬依存症をなおしたくても自分の意思ではどうしてもできないという方は是非一度連絡してみてはいかがでしょうか?

 

北九州DARC(ダルク)って?ネットの声

どんなに更生したとしてもどうせ、再発する。。。というような厳しい意見もありました。

しかし、再発しない人もたくさんいるわけですから、社会復帰できるように

支援してくれる施設があることはとてもありがたいですよね。

https://kitakyu-darc.org/
スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です