国内話題

オカドグループのロボット倉庫がすごい!イオンが目をつけた近未来システム!

スポンサーリンク

イオンはイギリスのネットスーパーを手掛けるオカドグループと提携し、日本国内で独占契約を結んだというニュースがはいってきました。

オカドグループって日本では聞き慣れないかたも多いと思います。

イギリスではAIをつかった商品管理をおこなっていて、その管理している映像が近未来的だと話題になっているんですね。

今日は、オカドグループのロボット倉庫を検証してみたいと思います!

オカドグループのロボット倉庫がすごい!イオンと提携へ!

日本ではイオングループが独占契約をむすび、これからイオングループの成長に大きく貢献すると予想されています!


ホテルの受付や飲食店の注文など、日本のサービス業ではだんだんと「無人化」が広がってきています。

しかし、倉庫内の無人化はまだ映画やテレビでしかみたことがありませんでした。

今、イオングループでは近未来倉庫がもう現実として取り入れられようとしています。

そのロボット倉庫がこちらになります。

オカドは2000年創業で、従業員数は約1万5千人。食料品や日用品を販売する無店舗型のネットスーパー事業を展開しており、注文から配送までを独自で手掛け、人工知能(AI)やロボット技術を導入した中央集約型倉庫で商品管理を行う点が特長だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000540-san-bus_all

無人なので人件費も大幅に節約できますが。。。なんだか画像だけみてると怖いです。

人がいない倉庫ってまだまだ日本人には馴染みがなく違和感しかありませんね。

トラブルになったときはどうなるんだろうか?もし人間がはいったらどうなるんだろう?いろんな疑問が湧いてきます!

しかしこれからどんどん浸透していくんでしょう。

イオングループはいち早くこのロボット倉庫に目をつけ、オンライン事業において一歩先を進むことになりそうですね。

オカドグループのロボット倉庫がすごい!ネットの声

イオン、英ネットスーパーと提携 来春までに新会社: 日本経済新聞 イオンがOCADOと提携とは胸アツ。ネットスーパーはグローバルにみても成功している事例が少ない中で着実に伸びてるOCADO。GSのトレーダー出身の社長で、技術力がとても高い。

発音はオケイドーに近いですけど。Ocado はアメリカでもビジネスやってて急成長企業だった。でも去年から今年にかけて配倉庫は全焼したりと、あまりいい事はない。M&S は Ocado との新会社設立に金突っ込みすぎとの批判も

オカドグループのロボット倉庫がすごい!無人のAI倉庫が怖い

ロボット倉庫の中でどんな仕事が行われているか気になりますよね?

こちらが実際のロボット倉庫です。

ロボットだけの世界ですね。本当に。

なんだか無機質〜。

オカドグループのロボット倉庫がすごい!まとめ

イオンはこのAIやロボットを使ったサービスにおいて2030年までに売り上げ6000億を目指しているということです。

2019年の時点でイオングループは売上高を9期連続で最高を更新しています。

勢いにのっているイオン、このままAIロボット導入で勢いをましていきそうですよね!

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です