おもしろネタ

石島浩太(コウタ)通訳家の経歴や性転換!生い立ちがやばい!

スポンサーリンク

今日は、もとメジャーリーガーの通訳として活躍していたコウタさんの壮絶な生い立ちについて調査してみました。

石島浩太(コウタ)通訳家の経歴や性転換!!プロフィール

出典:wikipedia

現在はコウタという名前で女優、ライター、ディレクターなど多岐に渡って活躍しています。そんなコウタさんのプロフィールがこちらです。

  • 名前:コウタ
  • 生年月日:1962年3月15日うまれ
  • 出身地:東京
  • 出身大学:パーソンズ美術大学
  • 職業:通訳、翻訳、コメンテーター、女優、歌手
  • 活動期間:2008年〜
  • 仕事の幅がすごいですね。

    石島浩太(コウタ)通訳家の経歴や性転換!生い立ち

    物心ついた時には自分の性別について違和感をもっていたというコウタさん

    心は女性だったんです。

    またコウタさんは渡米前の3歳の時に親族の友人から性的虐待をうけています。大きな傷をうけ10時間にもおよぶ手術を受けました。

    カウンセリングなどをうけることなくすぐに他の子供と同じ部屋にいれられたそうです。

    3歳の子供が性的虐待で大怪我をおうってどんな状況だったんでしょうか。心の傷も相当大きかったのではないでしょうか。

    またそんなトラウマになるような経験をしたにも関わらず、母親にはおかまだからこうなったと言われ後々までコウタさんの心を深く傷つけることになったのです。

    繰り返される性的虐待

    コウタさんはその後もしばしば、虐待をうけることになります。

    その度に自分が至らないからと自分を責めたそうです。

    そしていつしか誰にも打ち明けられない悩みとしてその自責の念は積み上げられていきました。

    石島浩太(コウタ)通訳家の経歴や性転換!華麗なる経歴!

    コウタさんは1984年、ニューヨークでアートディレクターとして仕事につきます。

    その4年後には福岡ダイエーホークスに入団し通訳家として活躍します。

    1997年にはニューヨーク・ヤンキース入団し伊良部秀輝選手の通訳と環太平洋事業部長を務め華々しい経歴を残していきました。

    その後もキャリアを積み重ねていきます。

    女性になる

    2003年の40才を過ぎた頃からコウタさんはホルモン治療を始めます。

    性転換を決意し、コウタさんは、喉仏を削り、声帯手術をうけます。

    しかし、女性にかわりつつあるなかで周囲の態度がかわり、人間関係がおかしくなっていきました。自殺をはかるも、運が良かったのか悪かったのか、地元の警官に助けられ精神病院送りとなります。

    そしてコウタさんは2008年1月にタイで性転換手術を受けています。

    ものすごく壮絶な人生ですよね!


    コウタさんの私生活

    実はコウタさん、性同一性障害であるにもかかわらず、普通に女性と結婚し、子供をもうけています。2人の女の子に男の子。

    普通に家庭をきずいていたのですね。しかし、女性と結婚しているにも関わらずやはり自分が女性だという自覚があったとのこと。

    当時は自分の中の女性としての性を抑えて生活していたそうです。

    しかし、女性への性転換を決意してから妻ともうまくいかなくなり離婚しています。

    確かに、妻もびっくりですよね。

    コウタさん、男性で好きな人などはできなかったんでしょうね。

    石島浩太(コウタ)通訳家の経歴や性転換!日本へ帰国・歌手になる

    2008年にコウタさんは長年住んだアメリカを離れ、日本に戻ってきました。

    ライブハウスでウエイトレスとして働きながら、音楽活動もさかんにおこなっていきました。

    いつしか、コウタさんの珍しい経歴が話題となりメディアでもとりあげられるようになったのです。

    しかしライブハウスは閉店。

    その後コウタさんは歌手活動をしながら、翻訳家や大学の教授などに就任し活動の幅を広げています。

    石島浩太(コウタ)通訳家の経歴や性転換!まとめ

    いやあ、さすがにここまで波乱万丈な人もいませんね。

    しかし、やはり性同一性障害という壁をのりこえてきただけあって生き方が力強いですね。

    これからもまだまだ活躍して欲しいと思います!

    スポンサーリンク
    ABOUT ME
    ウトロ
    ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です