事件

放射性物質所持・愛知県で高校2年の少年がなぜ?化学マニアの闇が深い!

スポンサーリンク

高校2年生という若さで、一体なぜ、非常に危険である放射性物質を製造しようと思ったのか?

未成年の少年が放射性物質を所持していたとして警視庁に書類送検されています。

少年は、この放射性物質「アメリシウム」を製造されていたとされています。この危険物製造にはある闇サイトが存在していたようです。

放射性物質所持・愛知県で高校2年が書類送検!化学愛好家の実態

化学愛好家といえばなんだか、ひびきはいいですが実は恐ろしいやりとりがその中では繰り広げられています。

この高校2年の少年は化学愛好家としてSNSで同じ趣味をもつ男性と交流していたとのことです。その男性もまた銃の製造や麻薬の製造などを楽しむ化学愛好者であったことは間違い無いようです。

その交流していた男性というのが現在、爆発物取締罰則違反武器等製造法違反などの罪に問われ有罪判決をうけている元大学生です。

一時期ニュースでもとりあげられていました。若くして、爆薬製造に興味を持つ男の子が多いようですが、やはり映画などの影響なのでしょうか?

高校二年の少年は化学愛好家SNSでしりあった元大学生に爆薬の作り方などを教わっていたとのこと。そのサイトでは色んな危険物の情報交換がなされていたと思われます。

男子生徒はオークションサイトでウランを落札した疑いもある。ウラン売買事件で昨年、警視庁が男子生徒宅を家宅捜索してアメリシウムが発見されたという。

出典:https://www.sankei.com/affairs/news/191107/afr1911070007-n1.html

着々と準備をすすめていたのですね。なんに使うかはともかくなぜそこまでして危険なものをつくりたかったのでしょうか。。。

放射性物質所持・愛知県の高校生!爆薬づ売りを教えた人物とは?

すでに有罪判決うけている元大学生とは一体どんな人物だったのか気になったので調べてみました。

かなりのマニアで捕まった当時は大学生でしたが、高校の時から爆薬を製造し、公園などで爆破させ実験していました。

元大学生もやはり、化学愛好家の交流サイトでつくりかたなどをおしえてもらったり、インターネットで調べたりしていたそうです。材料は高校から盗んでいたということです。

インターネットで爆弾の作り方が書いてあるサイトがあるなんて知りませんでしたが非常に危険なサイトだということはわかりますね。

実際に検索してみたのですが、詳しく爆弾の作り方が書いてあるサイトは見つけることができませんでした。

拳銃にも興味津々

元大学生は拳銃づくりにも着手していました。なんと3Dプリンターを使い、拳銃製造。親にみつからないように本棚の参考書にはさんで隠していたそうです。

そういうところはやはり学生らしさがありますが、やっていることはかなり危険ですね。

元大学生の起訴内容がこちら。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40257930R20C19A1CN8000/

覚せい剤も製造していて、1グラム当たり1万3千円で買うという人がいたそうで、小遣い稼ぎにしようと考えていたそうです。

覚せい剤ってつくれるんですね。。

放射性物質所持・愛知県の高校生!闇が深い化学交流サイト!

またこの高校2年生と有罪判決をうけている元大学生の他にもアメリシウムを巡っては愛知県警が許可なく所持したとして名古屋市の会社員、市川貴紀容疑者を逮捕しています。

すべて愛知県での事件ですね。

もしかしたら、実際にあっていた可能性もあります。実践会などがおこなわれていたかもしれませんね。交流サイトにつていは、調べてみましたがなかなかヒットせず、今でもちゃんと運営されているのかは不明です。

放射性物質所持・愛知県の高校2年生!まとめ

爆薬製造の事件はここ最近愛知県で集中していますね。

放射性物質など人体に被害がでるものなのでかなり周りの人は危険です。いくら、爆薬マニアだといっても人に危害をあたえてしまう可能性があるので、正直やめていただきたいですね。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。