国内話題

月の氷はどこに!?バイパーで探索!NASAの宇宙開発がすごい!

スポンサーリンク

月の氷を探しに、NASAが2022年12月に探査機バイパーを打ち上げると発表しました。人類の重要資源となる氷のありかを探査機バイパーで発見できるのでしょうか!みていきましょう!

月の氷はどこに!?すでに月の氷は確認されている!

すでに人類は月面に氷があることを確認しています。つまりそれは水が存在しているということ。

そもそも月の表面には水は存在することができません。水があったとしても太陽光で蒸発してしまいますよね。なので凍った状態で水が存在するということなのです!
だとしたら一体、月のどこにどんな形で存在するの?という疑問がわいてきますよね。
実は太陽があたらない位置に存在しているということがわかっています。

月の氷はどこに!?探査機バイパーで発見できるか!最初の発見はいつ?

今から約50年ほどまえにアポロ14号の宇宙飛行士が月の表面に設置した質量分析装置で水蒸気を観測しています。だいぶ前から月の氷の存在は確認されているんですね。

今から11年まえにはインドの探査機がアメリカ、ソ連、日本、ヨーロップの宇宙機関に次いで、史上五番目に人工物を月面に打ち上げています。

当時のインドの首相の誕生日を祝うため月の表面に向けて35キロ近い人工物を落下させています。その際の衝撃で舞い上がったチリの中に水の存在が確認されたということです。

ということで月に水という話題は今更という感じですが。。。

月の氷は常に存在を確認されながらどこにどのような状態で存在するのかわかりませんでした。
今回それをはっきりさせるべくNASAがうごいたのです!

月の氷はどこに!?探査機バイパー調査を開始!

NASAは月面の地下にある水の位置を測定するため、2022年12月に探査車を打ち上げると発表しました。

月にはすでに氷の状態で水が存在することが確認されています。NASAは人類の2024年の月面再訪を念頭に、月面で水資源を現地調達できるよう活動をはじめました。

バイパーと呼ばれる探査車は小さいながらも、サンプルを採取できるドリルなどを搭載しており月の水探索で活躍すると期待されています。

また民間のロケットで打ち上げられ、月の南極付近に着陸するということです。

2024年の人類月面再訪に向けての準備が着々と進められていますね!

月の氷はどこに!?探査機バイパーでどこまでわかる?

また、探査期間は100日程度を想定して
数キロを移動し地中の中をさぐりながら水のありかをさがしていきます。この探査で水の位置やどのくらいの深さの場所に存在するのかがあきらかになると専門家は説明しています!

月の氷はどこに!?インドと日本も共同で調査に!

日本とインドの共同で2023年に月での無人探査を計画しています。
つまり月の氷をめぐってアメリカもインドや日本も我先にと開発をすすめているのです。
無人探査は日本の開発中のロケットを使用する予定とのことで
アメリカ、インド日本、どちらが先に月の氷にいきつくのでしょうか!

月の氷はどこに!?探査機バイパーで発見できる?まとめ

これからは各国で宇宙開発がさらに加速化することは間違いないですね!
月の氷が発見されると、大きなニュースとなること間違いはありません。

いつ発見されるのか楽しみですね!

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。