芸能

若宮正子さんのプロフィールや経歴!82才のプログラマーがつくったアプリって?

スポンサーリンク

今日は82歳にして現役のプログラマーである若宮正子さんについてみていきたいと思います。!

国連でのスピーチアップルの会議にも招待されたと驚きのプログラマーさんはどんなアプリを開発したのか、経歴や人物像について見ていきたいと思います!

若宮正子さんのプロフィールや経歴!

1935年生まれ。

東京教育大学付属高等学校卒業後、
三菱銀行(三菱東京UFJ銀行)へ入社し企画部門で働きます。

定年後60代をすぎてからパソコンを独学で始めます。
パソコンを始めたきっかけはネットで交流がしたいからという理由でした。

1999年に高齢者の社会参加を支援している「メロウ倶楽部」の創設に参加し副会長を務めています。

2007年には米アップルが開催する世界開発者会議「WWDC 2017」に特別招待されています!

その後も国連会議での基調講演や企業のセミナー、
IT関係のイベントなどの講師として活躍されています。

若宮正子さんのプロフィールや経歴!性格とは!

60代からパソコンなんて相当な努力かなのだろう!と思ってい人も多いかもしれません!
しかし、なんと性格はいたってマイペース

プログラムも勉強という感覚ではなく趣味と考えているそう。
好奇心に任せて挑戦してきた結果なんですね。

また、年に一回は海外旅行へ行き現地の方
との交流を楽しんでいるとのことです!

また75才から好きだったクラシックピアノを習い始めたそうです。すごすぎます!
時間がいくらあっても足りなさそうですね。

若宮正子さん、独身だそうです。
自由気ままに人生を楽しんでいる感じがしますね。

生活スタイルも好きな時間に起きて、眠たくなったらねるといったルールにとらわれない
スタイルをとっています。食事の時間も日によって決めるそうです。

健康に気を使っていると思いきや運動にも生活スタイルにも
あまり気を使われていないですね。

とにかくすきなことをすきなようにやる?ということでしょうか。

 

若宮正子さんはどんなアプリを開発したの?

若宮正子さんはスマホゲームアプリ「hinadan」を80代にして開発しています!
アプリは半年で完成。

なんとこのアプリ開発のためプログラミング言語「Swift」
全くの初心者から勉強していたのです!

また独学だったため教科書を買い込み、著書に連絡をとって
指導をうけたりしながらの完成でした。

若宮正子さん、一体どのようなゲームアプリを完成させたのでしょうか!

このゲームアプリ、それほど難しいものではなく、遊び方は
いたってシンプル。

ひな壇に、雛人形を正しく配置していくというゲーム。

昔はひな祭りとなるとどこでもひな壇をかざっていました。
それをヒントにつくられた高齢者向けのゲームアプリ。

若い子がおじいちゃんやおばあちゃんにたずねながら、家族でできるゲームというわけです!

高齢者目線にならないとなかなかできない発想です。

高齢者が操作するには少し難しいと思われがちなスマホですが、このゲームをきっかけに
スマホの勉強してみようかなという高齢者の方もでてきそうですね!

可愛いアプリですね!

若宮正子さんのプロフィールや経歴!まとめ

世界最高齢のプログラマーとして活躍されている若宮正子さん。

ほんとにお元気でしゃべりもはきはきとしていて年齢を感じさせない方です。

まだまだこれからも世界で活躍していきそうですね!

スポンサーリンク
ABOUT ME
ウトロ
ウトロのブログをみていただきありがとうございます!趣味は食べること・寝ること・遊ぶこと。